スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


まともな躾とは・・・
訓練とは別に、
普段の生活でのマナーや犬の社会化を飼い主に教えて下さる先生に、
私の家庭教師をお願いしています。
入会の時に、
何を教えてもらいたいのか、何をその先生に協力して欲しいのかの簡単な論文提出がありました。

もし、万が一、私がどうしても一緒にいてあげれなくなった時に、
面倒みてもいいですよの声が、かけてもらえるような、わんこにしたい。
よろしくお願いいたします。って書きました。

そりゃ、子犬や、持参金がっぽり積んで、お願いしますっていうのなら、見つかるでしょう。
でも、本と何があるか解らないんです。
身体の弱い、シニア犬、お金はどんどんかかる・・・
それでも、いいですよって、命のバトンを受け取ってもらえるでしょうか。
問題行動が伴えば尚更難しいのです。

だから、今も、ちょっと厳しい時もあります。
まぁめの生涯の過保護を守り続けて行きたいが為の躾です。
まともな躾って言っても、これが正しいというお手本はありません。
そのおうち毎に望む事は違うと思います。

まぁめも問題行動はあります。
年齢上がるほどに、直すのは、難しくなっています。
だからと言って、言い訳して通るのもかっこ悪すぎでしょ。
誤魔化しながらって私は苦手です。
って言いながらも、その場しのぎの方法も勿論使いますよ。
でもそれは、あくまで対処法です。
これからも、克服に向かって、愛と忍耐で頑張ります。
諦めちゃおしまいですから。


01/16. 00:40 [ 独り言 ] . . TOP ▲
        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。